ペット

スマイルが可愛すぎる!サモエドの4つのキーワードでみる性格、飼う時の注意点

更新日:

真っ白いフワフワの毛でスマイルが可愛すぎるシベリアのスピッツ、サモエド

今は亡きZIPPEIの登場で一躍有名な犬種になりました。

ZIPPEIは朝の顔としてとても人気があり、亡くなって数年たった現在でも相棒のダイスケさんのブログには日々、天国にいるZIPPEI達へのコメントメッセージが綴られ続けています。

番組ではいつも可愛いサモエドスマイルを私たちに届けてくれていましたね。

YOUTUBEではこんな動画も人気です!

スゴイ可愛いです。

サモエドって?

一緒に暮らしてみたい!

と思われた方も少なくないはず。そんな方のためにサモエドの性格や、飼う時の注意点まで一気にご紹介しちゃいます!

photo by James Watson

サモエドの性格、飼う時の注意点

でははじめにサモエドの気になる「性格」からご紹介していきます。

サモエドの性格

サモエドはシベリアのサモエド(サモエード)族という民族が、紀元前から共に暮らしてきたとても歴史の長い犬です。そのサモエドの性格を把握するのに必要なキーワードは

「人と長い間暮らしてきた」、
「トナカイの番犬」、
「カモシカ狩り」、
「ソリ引き」

の4つ!まずは最初のキーワードから順に見ていってみましょう。

  • 人間と長い間暮らしてきた

サモエドは、シベリアの極寒地域で長~~い間「サモエド(サモエード)族」という民族と共に暮らしてきました。

その期間約3000年以上

30世紀以上も昔から人間と一緒にいるんですね!途方もない長さです!

長い年月人間と暮らしたからかサモエドは、穏やか人間にとても友好的な性格を持ち合わせています。そして、大の遊びずきです!

ちなみに、「サモエド族」の「サモエド」という呼称は差別用語とされているので、20世紀に入ってからは「ネネツ族」と呼ばれるるようになりました。

ワンちゃんの「サモエド」はまた別なのできっと名前は変わらないと思いますがね^^;

  • トナカイの番犬

8319693905_00e4f8ac09_o

サモエド族は食料や防寒、移動手段のためにトナカイを飼っていました。そして、そのトナカイを、オオカミやヒグマから守る番をしていたのが、このサモエド犬たちです!

なので、警戒心も強いです!

・・・が、上記で説明したように、人間と長く暮らしてきて人間が大好きなので、番犬にはあまり適さないとされています(笑)

  • カモシカ狩り

サモエドは狩猟のお供にも大活躍でした。猟犬は様々な訓練をしなければならないため、飼い主によく従わなければなりません。サモエドは頭もよく、飼い主の言うこともちゃんときくように長い歴史の間で育てられてきました。

  • ソリ引き


4374599252_1592ebe226_bphoto byTundra Ice

極寒の大地では、人や物を運ぶのに馬のような動物がいません(トナカイは別ですが)

そして雪が厚く積もっているため車や自転車、バイクなどの車輪系も使うことができません。

そこで、昔からイヌぞりが用いられてきました
イヌぞりの犬は、他の犬との協調性もとても大事

また、雪や氷の下に氷の割れ目などがあって海に落ちてしまうかもしれない。。。そういった危険を察知して、犬自身の判断で安全な道をすすむ必要もあります。

サモエドは他の犬にも社交的。
イヌぞりに適した体力を持ち合わせ、かつ、意外にも粗食!

そして自分自身で物ごとを判断する独立性も兼ね備えています。

イヌぞりの犬のもう一つの特徴は、自分の体重分の荷物を長距離運ぶこと!

例えばサモエドが20kgあったら20kg分の荷物を運ぶわけです。スゴイですね。かなりの体力があります・・・

なので、散歩も十分な時間と距離をとってあげてくださいね。

ここであげたのは、全ての犬種から見たサモエドの一般的な特徴です。その子によって性格は様々なので全て当てはまるわけではありません。


2565735885_c1ea8c0ab3_bphoto byTundra Ice

もし子犬をお迎えする場合は、その子にどんな特徴があるのか、きちんとブリーダーさんなどに聞いておくとよいでしょう。

飼う時の注意点

そんな様々な魅力を兼ね備えたサモエド犬、実際に飼う時には、どんなところを注意しなければならないのでしょうか?

夏場のクーラーは必須!一日中、毎日かける覚悟が必要

まずは暑さ対策ですね。

サモエドのふるさとは、シベリアの永久凍土があるような極寒の地です。前に永久凍土からマンモスの氷づけが見つかった!というニュースをやっていましたよね?

サモエドはもともとそういうところに住んでいました。さらに、時にはサモエド族はサモエド犬をテントに一緒に入れて暖をとっていたといわれています。サモエドは換毛期にはもの凄い量のホワホワの毛が抜けるのですが、それを使ってセーターなどの防寒具も編まれていました。

そんな凍りつくような大地でホカホカの役割をしてきたサモエド達ですから日本の冬なんて全然へっちゃら!!逆に夏なんて20度を超えたくらいで熱中症気味になってしまいます。

030841

夏場は冷房をフル稼働してあげましょう。

 週に最低3回はグルーミングを

086281

サモエドはとても毛が多い犬種ですが、換毛期にはものすごい量の毛が抜けます。なんたってセーターが編めてしまうくらいですから(笑)

換毛期でなくてもグルーミングをずっとサボっていると、毛玉が出来たり、抜け毛が取れなくて通気性が悪くなり皮膚疾患の原因になったり、見た目ももちろん悪くなります。

せっかくの真っ白なモフモフが可愛いサモエドですから、そこもキレイに維持してあげたいところ。最低でも週3回くらい、換毛期はさらに回数を増やしてきれいにグルーミングしてあげましょう。

ではそろそろ、まとめに入っていきたいと思います。

まとめ

最初にサモエドの性格についてのポイントをまとめておきましょう。

  • 人間と長い間暮らしてきた

3000年以上長いあいだ人間と一緒に暮らしたサモエドは、穏やかで人間にとても友好的、また、遊びも大好きです。

  • トナカイの番犬

サモエド族が飼っていたトナカイを天敵からまもるため、番犬をしていたので警戒心が強いです。(でも人が大好きなので番犬には適していません)

  • カモシカ狩り

猟犬としての役割も果たしていたので、主人の命令には従順に従います

  • ソリ引き

イヌぞりに適した性質も持ち合わせています。サモエドは他の犬にも社交的。体力は抜群だけど、意外にも粗食!そして、自分自身で物ごとを判断する「独立性」も兼ね備えています。

次に、飼うときの注意点もこちらにまとめておきますね。

  • 夏のクーラーは必須!一日中、毎日かける覚悟が必要
  • 週に最低3回はグルーミングを

 

サモエド・・・


4678857147_7a8e6bbedc_ophoto byDog.Show_Photos

私もあのモッフモフの大きな体に抱きついて、顔をうずめてワシャワシャしたいです(笑)

でも、夏が40度にもなって扇風機しかないブラジルのど田舎じゃサモエドは飼えない~・・・・。

もっと南の地方なら気温的にも飼えるのかもしれないですけど(あ、ブラジルは南半球だから、南が寒くて北が暑いんですよ~★)

サモエドは魅力も大きいけど、飼える人は本当に限定されますよね~。例え我が家が日本にいたとしても、たぶんサモエドは飼えませんでした^^;

エアコン24時間毎日はとてもキツイです(苦笑)


3887284319_7368a8a0a1_bphoto byTundra Ice

ブラジルでサモエドが飼えるほどの余裕(色々な意味で)!が、当面の私の目標になりそうです(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

おすすめ人気記事

1

ピンと尖った耳 素朴だけど、どこか凛とした賢そうな顔つき クルンと巻いた尻尾 モフモフのお尻 大きすぎず、かつ引き締まっていてしっかりした体つき・・・・ 言わずと知れた、日本を代表する犬「柴犬」。 こ ...

2

日本を代表する犬として同じように有名で、見た目もけっこうそっくり!! ・・・な柴犬と秋田犬。 お散歩している秋田犬を柴犬と間違えちゃったり、柴犬と秋田犬の違いを外国人に聞かれて答えにつまっちゃったり・ ...

3

爽やかな南国の風味が特徴のパッションフルーツ。どちらかというと、生育に適した九州や沖縄などの暖かい地域ではよく知られていますが、近年本州でもジワジワと認知度を高めてきています。 南国フルーツに栄養成分 ...

4

スーパーなどで販売されているパック詰めの納豆は、納豆菌なども天然のものではなく人工的に遺伝子操作されていたり、大豆も遺伝子組み換えだったり、一緒についてるタレも添加物たっぷりだったり・・・ そういう現 ...

-ペット
-, , ,

Copyright© SaintNature - セントネイチャー , 2018 All Rights Reserved.